2010年7月アーカイブ

第一回目のシェルエコマラソンアジアの結果がでてますね.

Fancy Carolはマレーシアには行かなかったみたいですね.

で,日本勢としては県立但馬技術大学校のClean Dieselチームのみだったようですが,ディーゼルクラスで1位(といってもディーゼルエンジンでエコランカーを作っているチームは本当に数少ない.しかもバイオディーゼル!!),総合でも2位に入賞しています.(5回のトライのうち4回目まで1位だったようです.)

ちなみに1位はタイ軍立輸送技術学校(?)のチームだそうです.

但馬技術大学校のみなさんおめでとうございます!

まあ,どなたもこのブログをごらんになってはいないと思いますが(笑),なんだかうれしいもんですね.

 

iphone 031.JPGのサムネール画像

 

ドライビングポジションあわせしています.

大輝くん,この1年でずいぶん大きくなちゃいまして,なんかくるしそうです.

 

九州大会だとこのポジションで15分程度の走行をすれば良いですが,全国大会になると走行距離が長めにとってあるので,約40分の走行になります.車内温度は相当高くなるでしょうね.

 

ヘルメット着用で長袖,長ズボンで40分間集中して正確にコース取りできる忍耐力と集中力.

50分の授業中に 寝てしまうような人じゃドライバーは務まりません.(笑)

 
今日は定例のコーチの神戸さんとのディスカッションを交えた活動でした.
神戸さんの第三者の視点からの指摘としてまず第一に

「本大会を意識した製作活動が行えているのか?」
という指摘が挙げられました.

日々の製作活動に追われていると,ついついお互いの担当箇所をとにかくスケジュールにあわせて製作することに意識が向かいがちで,「まずここだけはきっちりとおさえておかなくてはいけない製作のポイント」を忘れがちです.

ここ2週間エンジンを起動させたいという思いから皆で吸排気系のセッティングをあれこれいじっていましたが,本番では利用できないパーツを使っていたり,点火時期の数値や設定についての認識があいまいだったりと、「本大会を意識した製作活動」にはなっていないことを改めて気づかされました.

そこで,いろいろと反省した結果、エンジン部分で製作を急いでやっておかなくてはならなかったところがあったので、またまた分解し改造し直しです.
RIMG0061.JPG
左は、クランクケースにアルミ部品を溶接中のトオル君です.





心なしか背中が寂しげ・・・。
上の文脈から言うとトホホな雰囲気の写真に思えてきますが,溶接自体はグッジョブでした.



「失敗は仕方ないがその失敗を二度(本大会までに)と繰り返さないよう原因と対策を」という神戸さんからの指摘を皆で肝に銘じましょう.

下は,ホンダがマン島のレースに参加したときの失敗についての動画.
今や世界のレースを席巻しているホンダレーシングも,最初は外国との力の差に圧倒されちゃってたんですね.

RIMG0059.JPG
また火花が飛ばない。
 CDI が壊れた?
イグニッションコイルがおかしい?
バッテリーは大丈夫なの?
また全員であーでもないこーでもないです。
「ツツミ〜(電気系の責任者)、ちゃんとつないだんかよ〜」
「おれやったって。」

てな調子で配線を一から見直して、原因はパルサーコイルの取り付け位置がエンジンの振動で少し狂ってしまいCDI に信号が送られていないことを見つけました。
やれやれ。やっぱり作ってそして走らせてみないとわからないことがいっぱいあるなあ。

RIMG0054.JPG
HSR九州からの正式なHONDAエコマイレッジチャレンジ九州大会の中止連絡がきました。(画像をクリックすると拡大して見られます。)

都会の親戚に聞いたら口蹄疫の報道はこちらほどあまりないそうで、「食の安全」ってTVなんかでよくいうけど、そうゆうわりには危機感をこちらの地域と国内の各地とで共有できているのか温度差感じる今日この頃です。

私達の食の安全をこれまで支えてきた宮崎の早期復興を切に願います!from うえっぶますたー
RIMG0053.JPG
今日もスクータいじりです。さてはスクータ、すなわち二輪で出場?目論みはなんなんだろう?

で、本日もエンジンかからず、あいかわらずごちゃごちゃやってました。

でも、今年は昨年の1年生が着々と力をつけており問題解決も文殊の知恵で早いです。

昨日まではキャブのセッティングでエンジンがかからなかったと思っていたのが、どうやらマフラーの取り回しでプラグキャップがうまくはまらなくなっていたようです。
うえっぶますたーです。本日部室裏でセミがないてました。いよいよ夏が来そうな予感です。
今日はスクーターのキャブセッティングです。顧問の先生は濃ゆいキャラらしいのですが、キャブセッティングも濃いかんじです。RIMG0051.JPG
口蹄疫のために本年のホンダエコマイレッジマラソン九州大会が中止となりましたが、今週はアジア初(とはいってもかつては鈴鹿で行われていましたが)のシェル主催のエコラン競技がマレーシアのセパンサーキットでいよいよ開催されます。
 エントリーリストを見ると、日本からはFCデザイン社の中根社長率いるFancy carolさんと県立但馬技術大学校の藤井先生方の自動車部が参加するようです。
 シンガポール国立大学(NUS)の燃料電池車両なんかとどんなリザルトになるのか楽しみでもあります。運営側も初めてのことでしょうからもう現地は"祭"でしょうねぇ。

日本の両チームには是非とも日の丸をポディアムに!!期待しています。

(追:Fancy carol さんがエントリーリストからなくなってますが、エントリー取りやめ?
プレスからのニュースに日本からの参加台数が一台も記載されていないけどどうなってるの>シェルさん?日本チームとは差がありすぎるからこの大会では遠慮してってことなのでしょうか?
Peoples choice awardの投票ページで#52の但馬技術短大に投票しよう!)
現在投票1位はバンドン工科大学(インドネシア、ロボコン世界大会でも有力校)のようです。

我が部が参加を予定しているホンダエコマイレッジチャレンジ九州大会はHSR九州で行われます.

HSR九州は広大な阿蘇の山並に抱かれた場所にあります.

ところで,熊本県の主な産業を思い浮かべますと・・・・・「農業」が思い浮かびます.

スイカ好きのうぇっぶますたーも毎夏¥1000でごっつい熊本産露地物スイカ(たぶん都会で買えばこの3倍の値段になると思います)を幸せな気持ちで楽しんでおります.

そのような豊かな九州山地の一角で行わる予定であったホンダエコマイレッジチャレンジ九州大会が中止になった模様です.(今朝HSRから連絡がありました.)

正式な発表はHSR九州のホームページ上でなされる予定ですが,

理由はといいますと・・・・・・・・・そうです,現在我らが母なる大地を汚し,今九州の農業を脅かしつつあるあの

「口蹄疫」

のためです.

うわ~,参りました.近場で日頃の研究成果を発表する場として九州大会は本当にいい大会だったのですが・・・・・.

でも仕方ない.天災?は仕方がありません.

8月の九州大会は中止となりましたが,開発活動は雨の中も継続中です.

え,ナニナニ?なんでスクーターいじっているのかって?しかもエンジンが変?

おー,いいところに気がつかれましたね.答えはサーキットでおあいしてからにしましょう.

CIMG3595.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

にしても残念だなあ.先んじてご連絡をいただいたHSR九州の事務局のご対応に感謝申し上げます.

追伸:口蹄疫の状況によってはエコマイレッジチャレンジ九州大会の開催を別の日程で再度検討するとのことです.口蹄疫が速やかに収束することを皆さん願いましょう.

このアーカイブについて

このページには、2010年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年6月です。

次のアーカイブは2010年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。